〈対話法〉の指導ができる会員一覧(50音順)

 2008.5.13 現在

ここに掲載した以外にも可能な会員がいますので日本対話法研究会にお問い合わせください。

活動エリア

講師データ

全国

○氏名:浅野良雄
○所属/職業:対話法研究所所長、日本対話法研究会理事長,足利短期大学学生相談室カウンセラー
○住所:群馬県桐生市
○〈対話法〉に関連する略歴:心理カウンセラーをしながら、1994年に〈対話法〉を発案し、普及活動を続けています。
○活動が可能な日程:平日の午前中、土曜、日曜
○活動可能なエリア:全国
○希望報酬:有償(金額は相談して決めます)
○連絡先電話番号:0277-44-8970
○連絡先メールアドレス:
○その他の条件:会の目的や主催団体の性格によっては必要経費(交通費や宿泊費)のみで伺うことも可能です。遠慮なくお問い合わせ下さい。
○その他のメッセージ:これまでは、教育、医療、福祉機関での講演が主でしたが、最近、一般企業の社員研修でお話しする機会が増えています。

全国

○氏名:江川律子
○所属/職業:養護教諭(新潟県妙高市立新井南小学校勤務)、日本対話法研究会事務局長、上越〈対話法〉研究会事務局
○住所:新潟県上越市
○〈対話法〉に関連する略歴:カウンセリングに比べ、自分の内面をそれほど整えなくても、相手との気持ちの通い合いが実現することを実感したことから、勤務校の児童・職員をはじめ、一般市民に広く広報し、普及活動を続けています。
○活動が可能な日程:土曜、日曜
○活動可能なエリア:全国
○希望報酬:現職中は、上越〈対話法〉研究会への寄付金としていただきます(金額は相談して決めます)。
○連絡先電話番号:025-524-5614
○連絡先メールアドレス:
○その他の条件:会の目的や主催団体の性格によっては必要経費(交通費や宿泊費)のみで伺うことも可能です。遠慮なくお問い合わせ下さい。
○その他のメッセージ:養護教諭の執務として、級担任と連携を図りながら、対話法を活用し、子どもたちの自己表現力と相手意識の向上を目指した実践研究に対し、新潟県学校保健会より、石浜賞第1席を受賞しました。今年度は、より積極的に教室に出向き、児童の習得について、試行錯誤を繰り返しています。伴って、児童から発せられる言葉から、数々の感動を味わっています。

全国 ○氏名:藤本かおり
○所属/職業:コミュニケーション・デザイナー(歌 織)、日本対話法研究会理事、福島県人権啓発フェスティバル実行委員
○住所:福島県二本松市
○〈対話法〉に関連する略歴:2001年10月メルマガ〈メール時代の対話法〉と出遭い、翌年1月桐生の<対話法>の会に初参加。家族との関係改善で効力を実感したあと、福島対話法研究会を設立しました。
○活動が可能な日程:月曜、水曜、土曜、日曜
○活動可能なエリア:全国
○希望報酬:有償(金額は相談して決めます)
○連絡先電話番号:090-7328-7654
○連絡先メールアドレス:
○その他の条件:会の目的や主催団体の性格によっては必要経費(交通 費や宿泊費)のみで伺うことも可能です。遠慮なくお問い合わせ下さい。
○その他のメッセージ:参加型ブログ♪相互理解ができたらいいね♪ http://iitaikoto.exblog.jp/ 及び、Skype(表示名:聴く○(きくまる)を通してフォローアップや個人レッスンも行っています。
全国 ○氏名:焼山和憲
○所属:福岡大学医学部看護学科、日本対話法研究会理事
○住所:福岡県北九州市小倉北区
○専門:精神看護学、統計学
○対話法に関する略歴:専門領域の授業などで治療的コミュニケーション技法を実践していますので、技法そのものが対話法と相通じるものがあり方法論として実施しています。
現在、広島および九州一円で事業所の依頼でケアーワーカーの方々に普及しています。
○活動が可能な日程:土・日(講演や焼山主催のセミナーがない日)事前に調整必要。
○活動可能なエリア:日程の調整で移動できる範囲。
○報酬:対話法については、交通費・宿泊費別で非常勤講師料程度で普及しています。
○連絡先メールアドレス:

 

指導者への問い合わせや依頼は、対話法研究所でもお受けします。

 戻る ■日本対話法研究会