〈対話法〉とは

活動状況

会の紹介

役員

会則

普及マップ

対話法研究所

リンクの際は、より詳しい説明がある 対話法研究所 のサイトをリンクして下さい

〈対話法〉は、対話法研究所 所長の浅野が、1994年に発案したものです

確認スキルはあなたのコミュニケーションの心強いパートナーです

確かなコミュニケーションによるヒューマンエラーの予防と業績アップを図り、信頼しあえる組織を実現します

Simple & Effective

日本対話法研究会は、〈対話法〉の発案者である、対話法研究所の浅野と、〈対話法〉の効果を実感した仲間が協力し合って、実践的研究と全国に向けた普及活動を展開しています。

 

【〈対話法〉を正確に伝えるための重要なお願い】

〈対 話法〉の原則や確認型応答・反応型応答という概念は、対話法研究所所長・浅野の発案によるものです。これらを、講演・研修・授業・著作物等(インターネッ ト経由の伝達を含む)で紹介する際には、オリジナルを参照できるように、これらが浅野の発案であることを明示して下さい(できれば、このサイトも紹介して 下さい)。また、事後でも結構ですから、対話法研究所までご一報いただけると幸いです。

全国各地の会(会により活動内容が異なります)

関西〈対話法〉研究会(神戸)

桐生「対話の会」(群馬)

長野・対話の会(御代田町)

チャット「対話の会」

掲示板〈対話法〉練習会

練習会風景

〈対話法〉は、あらゆる場面における安全かつ安心な対話を実現するために、誤解を防ぎ相互信頼を深めることに重点をおいたコミュニケーション技法です。

〈対話法〉が支持される理由
☆従来の受容・共感・傾聴という用語に替えて「確認型応答」「反応型応答」という新しい概念を取り入れたので、習得が比較的容易。
☆「確認型応答」は、従来の傾聴スキル(傾聴技法)でみられた「繰り返し」や「オウム返し」ではないので、会話に不自然さが少ない。
☆「積極的傾聴」に加え、質問も含めた聞き手の考えや気持ちを伝えることも取り入れている。つまり、「聞くだけ」の技法ではないので、日常の会話に違和感なく活かせる。

さまざまなコミュニケーションスキルと接続可能
各自の目的に合わせて専門的な知識や技法を身に付けたい場合は、スピーチ、プレゼンテーション、リスニング、カウンセリング、コーチング、ファシリテーション、確認会話等を学ぶことをお奨めします。その際にも、基本的なコミュニケーションスキルとして〈対話法〉が役に立てるものと考えています。

事務局:群馬県桐生市三吉町2-6-5 対話法研究所内 電話 0277-44-8970

会への問い合わせは、対話法研究所の問い合わせフォーム こちら からお願いいたします

このページはリンクフリーです 右のバナーをお使いください

Copyright (C) 2004-2018, Nihon Taiwahou Kenkyuukai, All rights Reserved.